防犯対策について

こんにちは。

 

 

今回は空き巣などの防犯対策としてあらかじめできることなどをお伝えできればと思います。

 

 

 

 

空き巣といえど、いろいろな侵入方法がありますが、今回は窓からの対策です。

 

 

 

 

窓に鍵をしずに外出は論外ですが、鍵をしていても割られて侵入されるケースがあります。

 

 

そのようなときに有効なのがガラスにフィルムが挟んである防犯ガラスの採用です。

 

割れないわけではありませんが、割れたときの飛散が少なく侵入する際に通常の窓ガラスよりも時間がかかるのと、

 

ガラス自体に防犯ガラスであることを刻印してあるので、抑止力に繋がります。

 

 

 

 

また、窓の開け方にもよりますが、格子の採用も良いかと思います。

 

 

これも完全に防げるかというとそうではないのですが、格子をはずす時間がかかる為、これも抑止力へつながります。

 

 

 

 

 

長期外出や夜間などはシャッターを閉めるのも有効かと思います。

 

 

 

現在のシャッターは外からは開かない構造になっている為、シャッターを切る等しないといけません。

 

防止策としては効果が高いのではないかと思います。

 

 

 

トイレや洗面、お風呂などの窓を半開にして外出される方がいらっしゃると思いますが、これは非常に危険です。

 

金具をはずすと人が通れる広さまで開閉できてしまう場合があります。

 

 

ですので、少しの外出の際も窓、鍵はしっかり閉めて外出することをおすすめいたします。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか、ご参考にしていただければと思います。