あらわし梁とは?

こんにちは。名東守山店の山田です。

 

今回はあらわし梁についてのご紹介です。

 

皆さん「あらわし梁」という言葉聞いたことがありますか?

 

あらわし梁とは木造建築に使われる手法で、

天井の梁が見えた状態で仕上げるもので、

ほとんどの住宅では梁を隠しスッキリとした天井に仕上げますが、

あえて梁を見せる手法になります。

 

梁を見せる目的としては二つあります!

 

部屋のアクセントになる

通常隠す梁を見せてあげることにより、

部屋のアクセントになり、

おしゃれな空間を創り出すことができます。

 

空間を広く見せることができる。

梁を見せることにより、

天井の高さを高くすることができます。

 

そうすることで、あらわし梁を使っている部屋は、

一般的な天井の部屋と比べて、

空間を広く感じて頂くことができます。

 

 

アールギャラリーの分譲住宅では

このあらわし梁をリビングに採用していますので、

空間を広く感じて頂くことができると思います。

 

内覧可能になっておりますので、

是非一度空間の広がりを体感してみてください!