20代の住宅購入

 

20代で住宅購入をする事は「ちょっと早いかも」と考える方は多いのではないのでしょうか。

 

 

 

ですが、収入面的にも、安心して住宅購入する事が可能な方は多いと思います。

 

 

 

 

 

20代での住宅購入のメリット、デメリットやライフスタイル等を考えた時、20代での住宅購入が適齢となる方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

[20代で住宅購入をするメリット]

 

 

・早くに住宅ローンを組む事により、在職中にローンを終えやすくなります。定年退職前にローンの完済ができれば、老後の資金計画にゆとりができます。

 

 


・早くに賃貸住宅を出る事ができるので、仮に30前半に住宅購入した場合より家賃分を多く住宅ローンに充当する事ができます。

 

 

 

・早くから自分にあった住宅で生活できるので、生活の満足度は高くなります。

 

 

 

 

 

 

[20代で住宅購入をするデメリット]

 

 

・20代と30代とでは30代の時の方が年収が高いケースが多い為、金融機関からの借入可能額が30代の時より低くなる場合もある

 

 


・貯蓄している期間が短い場合も考えられるので、頭金として用意できる金額が低くなる場合もある。

 

 

 

・将来転勤になると購入した住宅に住み続けることが難しくなる。

 

 

 

 

 

 

上記にあげたメリットに着目し、住宅購入を考えるのと同時に、

 

 

今、勤めている会社に転勤の可能性はないか等のライフスタイルについて長い目で先の事を考慮する事が大切です。

 

 

 

 

 

20代での住宅購入について、「年齢的に早いかな」と決めつけず、メリット・デメリットを考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

もしかすると、適齢かもしれませんよ!

 

 

 

 

 

住宅購入に対する考えや、ご事情は人それぞれ違います。

 

 

一度、イエナビスタジオに足を運んで頂き、お話をお聞かせください。

 

 

 

 

 

ご来店のご予約はコチラから。

 

お役にたてるよう最善を尽くします。