注目されにくいポイント~道路について~

イエナビスタジオ岡崎店の廣瀨です。

 

 

不動産をお探し際、

 

建物土地大きさなどは

 

数多くのお客様が注目されているポイントですよね。

 

 

 

今回は、あまり目のいかない「道路」に目線を向けてみようと思います。

 

 

 

物件資料には土地や建物についての記載がありますが、

 

 

道路についても記載があります。

 

 

 

 

たまに「位置指定道路」と記載がある物件があります。

 

 

「位置指定道路」とはどのようなものでしょうか。

 

 

 

 

 

 

建築物を建てる土地は、

 

法律で定められた道路に2m以上接していなければ建築は難しいです。

 

 

法律で定められた道路とは公道、県道、市道といった公道だけではなく、

 

私道についても認められるものはあります

 

 

 

 

ただ私道の場合、

 

 

特定行政庁(県や市町村)から道路の位置指定を受けないといけません。

 

 

この指定を受けた私道が「位置指定道路」と言われます。

 

 

 

 

この指定を受けた私道は建築基準法上の道路とみなされ、2m以上の接道があれば建築できます。

 

 

 

 

 

ですが「位置指定道路」の指定を受けただけでは公道にはなりません。

 

 

 

多くの場合、その「位置指定道路」を利用している方、(ご近所さん)などが所有権を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

前面道路が「位置指定道路」の場合は、その道路についての所有権等に注意が必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

物件資料を見ていて気になる事がございましたら

 

 

お気軽に近くのイエナビスタジオにお尋ね下さい。