お住まい探しのポイント (耐震・免震・制震について②)

こんにちは。

 

 

イエナビスタジオ 豊橋・豊川店の北井です。

 

 

 

前回は耐震についてのおはなしでしたが、

今回は「免震」についてのおはなしです。

 

 

 

 

その②~免震とは~

 

前回、耐震とは住宅の骨格自体を強くすることとお伝えしました。

 

 

では免震とはなんでしょうか。

 

 

 

 

免震とは、基礎と建物の間に免震装置を設置し揺れを直接伝えないようにする構造です。

 

 

読んで字のごとく、震動を免れるんですね。

 

 

 

 

建物自体の揺れを少なくするので、家具の転倒や建物の損壊を防いでくれます。

 

 

実際に、東日本大震災発生後、都心部の免震マンションに住む方にお話を伺ったことがありますが

 

 

震度5強の揺れに対して体感は震度1~2程度だったとおっしゃっていました。

 

 

 

 

また、阪神淡路大震災では被災者の死因の殆どは、

 

家屋の倒壊や家具の転倒による圧迫死であったと内閣府からも発表されています。

 

 

 

 

現在、築年数の古い公的な施設は続々と免震構造に改修しています。

 

 

これは歴史的な建物の保護や、大地震が起きた際に応急活動拠点として機能するためです。

 

 

免震は地震後の二次災害を防ぐために、大変有効な構造ということがわかりますね。

 

 

 

 

 

現在はマンションなど大型の建物で採用されることが多い免震。

 

 

 

ただし、免震構造にもデメリットがあります。

 

 

 

中でも一番悩まれるのは、やはり「コスト」ではないでしょうか。

 

 

 

コストに関しては

 

  • 装置を設置するうえで必然的に広い土地が必要になる事

 

  • 装置自体にかかるコスト

 

  • メンテナンス時のコスト

 

 

 

 

上記3点が考えられます。

 

 

 

マンションの場合は物件自体の価格と、修繕費や積立金で決められた金額を納めるため、

 

 

メンテナンス計画がある物件はわかりやすいですね。

 

 

 

 

皆様も、お住まいを検討される際には是非、メンテナンスを含めたコストにも注目してみてください。

 

 

 

 

 

 

次回は「制震」についておはなしさせていただきます。