夏涼しく冬暖かい、吹付け断熱の魅力

こんにちは。

イエナビスタジオ豊橋・豊川店の北井です。

 

 

 

 

 

随分と暖かくなり、コートもいらないような季節になってきましたね。

 

 

 

相変わらず昼間と夜の寒暖差は激しいので、風邪にはお気を付けください。

 

 

 

 

 

 

「寒暖差」ということで、本日は断熱材についてのお話しです。

 

 


 

まず、断熱材って何種類あるかご存知ですか?

 

 

 

 

 

大きく分けて現在では2種類、グラスウールなどの繊維系と発泡プラスチック系の断熱材があります。

 

その中でも細分化していくと、企業独自の断熱材などもあり、数えきれないほどの種類となってしまいます。

 

 

 

 

 

弊社では発泡プラスチック系のウレタンフォームを採用し、arr galleryの分譲住宅は全棟吹付け断熱で施工しております。

 

 

 

 

吹付断熱の魅力はなんといっても、

 

現場で住宅の隅から隅までウレタンフォームを吹き付けることが出来、しっかりと隙間風を防いでくれることです。

 

 

 

 

 

 

また、繊維系断熱材と比べて吸水しづらいので、

 

湿気を溜め込んでカビが発生することも、吸湿による重みで垂れ下がってしまうことも少ないんです。

 

 

 

 

そして、なんとウレタンフォームは繊維系断熱材の1.5倍以上高い断熱効果を発揮致します。

 

 

また吸音性能や気密性にも優れ、

お子様の声や足音でご近所にご迷惑を掛けるのでは、なんて心配も解消されますね。

 

 

 

 

ぜひ一度、arr galleryの分譲住宅でご実感ください!

 

また、どんな些細なことでもイエナビスタジオへご相談ください!