引渡後のスケジュール管理はお早めに

イエナビスタジオ豊橋・豊川店の村田です。

 

 

今回は、引渡後のスケジュール管理の大切さのお話です。

 

 

特に分譲住宅を購入される方には重要なお話になります。

 

 

不動産の契約からお引渡しまでは、不動産会社がスケジュールを

一緒に組んでくれますのでいつまでに何を用意して何をしないと

いけないのかという動きが明確になっています。

 

 

しかしながら引渡後の引越等のスケジュールはご自身で作らなければなりません。

 

このスケジューリングがとても大切です。

 

いつ引っ越すかから逆算していつまでに何をそろえて

どんな手続きが必要でとやることがたくさんあります。

 

 

はじめに引渡になる前に行うことは、

新しく買う家具や家電の見積・注文です。

 

これは引越日が決まっていると特にですが、

在庫の有無や発注してから作成するものがあると

予定日よりも日数がかかる可能性があるからです。

 

 

大型家具や家電は特に物を運んでくる前にいれておきたいものです。

 

また表札も注文から作成しますので時間がかかります。

私も引渡から取り付けまでに日にちがあいてしまうことがありました。

 

 

次にガスの開栓の連絡です。

これは立会いが必要になりますし、

開栓していないとオール電化物件を除きお風呂に入ることもできません・・・。

 

希望日に立会いができるように

日にちに余裕をもって予約を取るようにしましょう。

 

 

やることリストをメモに残しておくとやったものと

まだやっていないものがしっかりと把握できてオススメです

 

 

・住所変更関係・運搬関係・注文関係が特に大事です。

 

住所変更関係は手続きに通帳やカードなど貴重品を多く含みます。

 

また住宅ローンで給与振込先を変更している方

そちらもあわせて変更しておきましょう。

 

 

これらができていないと問題があるというわけではありませんが、

引越は終わっているのに冷蔵庫がない、

前の住所に郵送物が届きっぱなしなどご本人でないと

解決できないまたご本人以外は困らないということがおきます。

 

 

そのため引渡後のスケジュール管理も契約後に

しっかりと組んで次のスタートを気持ちよくきれるようにしておくことをオススメします。

 

 

疑問点や不安点等ございましたらお気軽に担当スタッフまでご相談下さい。