マンションの耐用年数・マンションの寿命がきたら?

マンションを購入するからには、長く住み続けたいものです。

 

 

しかし、マンションには寿命があることをご存じでしょうか。

 

これからマンションの購入を検討している場合は、マンションの耐用年数についても学んでおきましょう。

 

 

今回は、マンションの耐用年数と寿命がきたときの対応についてご紹介します。

 


 

 

マンションの耐用年数

 

耐用年数とは、建物などの固定資産が使用できる期間として法的に定められた年数のことです。

マンションの寿命を測る1つの目安となります。

 

1990年代ごろまで、鉄筋コンクリート造りのマンションの耐用年数は「60年」と定められていました。

しかし、1998年の税改正によって「47年」と短くなっています。

 

 

 

本来、耐用年数とは、会計上の減価償却費を計算するために定められた年数です。

 

理的な耐用年数の基準となるものはなく、マンションの構造や設備、管理状態などによっても大きく変わります。

 

 

つまり、耐用年数がそのままマンションの寿命につながるわけではありません。

 

 

物理的な耐用年数を決める要因は建物自体の老朽化だけではなく、地震による外的要因に対する強度や維持管理のしやすさなども含まれます。

 

 

 

 

 

次回は、『マンションの寿命が来た場合どうするのか』についてお話します!

 

 

不動産に関しまして何かございましたら、お気軽にお近くのイエナビスタジオまでお問い合わせ下さい!

お待ちしております。