不動産登記についての豆知識

不動産登記とは・・・

 

 

 

 

 

皆さんが新しく家や土地を買ったときに

 


「その所有権が誰にあるか」「大きさや場所等」などを届け出て、登記簿に記載してもらうことです。

 


普通、家や土地を買うことというのは一生に一度の一大事ですよね。

 

 

 

 

 

 

家や土地は大きい財産である為、

 


「自分の土地と思っている所に他の人が勝手に家を建てて住んでいた」

 


なんてことになったら大変ですよね。

 

 

 

 


また、「自分の家が知らない間に勝手に売られていた」などということがあってはいけませんよね。

 

 

 

所有権をめぐって喧嘩になったり、場合によっては大事件にもなりかねませんね。

 

 

 

 

 

 

 


このようなことを防ぐために、不動産登記はあります。

 

 

 

 

 

 

不動産登記のうち、大きさや場所などを表す「表題部」は、

 


次のような内容の登記がなされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・土地の場合=所在・地番・地目・地積

 

 

・建物の場合=所在・家屋番号・種類・構造・床面積

 

 

 

 

 

 

 


所有権など権利に関する「権利部」の登記は、実は義務付けられてはいませんが、

 


所有権・抵当権・地上権・賃借権・地役権などを登記することができます。

 

 

 

 

 

 

一般的に「不動産登記」とは、この「権利部」の登記のことを指しています。

 


不動産を登記すると、その登記簿は一般に公開され、法務局で誰でも閲覧することができます。

 

 

 


 

 


その為、登記がなされていることにより、公に所有権を主張できるということですね。