耐震等級3って本当に安全?

こんにちは。イエナビスタジオ 名東・守山店の山田です。

 

今回は住宅の耐震についてお話ししたいと思います。

 

皆さんは「耐久等級3」という

言葉を耳にしたことはありますか?

 

 

耐震等級とは、住宅の耐震性能を

ランク付けした等級のことです。

 

 

現時点の日本には等級が3段階あり、

耐震等級3は一番上のランクに位置しています。

 

 

耐震等級3は耐震等級1の

約1.5倍の強さがあると言われています。

 

 

しかし、耐震等級3って本当に安全なの?

 

 

耐震等級3の多くは「壁量計算」によって出された数値です。

「壁の量が規定以上あるから耐震性に優れている」

簡単に言うとこれが壁量計算の考え方です。

 

 

 

「本当に壁量計算だけで耐震に対し

て十分な対策がとれているのか?」

これが、アールギャラリーの考え方です。

 

 

そこで、アールギャラリーの分譲住宅では

構造計算(許容応力度計算)により耐震等級3を出しています。

 

 

構造計算 7つのチェックポイント

重さに耐えられるか

風に耐えられるか

地震に耐えられるか

建物が大きく変形しないか

建物がねじれないか

変形にどこまで耐えられるか

部材一本・接合部一箇所ごとの力チェック

 

 

このように、アールギャラリーの分譲住宅

は多くの審査項目をクリアし

耐震等級3を取得しているので、

耐震性について自信をもっておすすめすることができます!

 

 

ご不明な点等ございましたら、

お近くのイエナビスタジオまでお気軽にお尋ねください。

皆様のご来店お待ちしております。