家の断熱について

こんにちは!名東・守山店の眞河です。

 

 

 

今回は家の断熱材について少しお話し致します。

 

 

 

 

 

家の断熱材は、簡単に言うと構造体の外か内で外断熱内断熱の二つに分かれます。

 

 

 

 

外断熱は構造体の外側で断熱しますので、熱が家の内側に侵入しないので断熱効果が非常に高いです。

 

 

 

しかし、構造体の外側で断熱しますので一回り家が大きくなり土地を圧迫してしまいがちです。

 

コストも一般的にお高めです。

 

 

 

 

 

内断熱は壁の内側で断熱します。断熱性能は外断熱の方が高いです。

 

 

 

 

優れている点は構造体の隙間に入れられますので、そのぶんのスペースを間取に反映させることができます。

 

 

 

費用も外断熱に比べて抑えることができます。

 

写真は内断熱の吹付断熱という工法です。

 

 

 

 

発泡ウレタンを吹付け、隙間無く断熱することができます。

 

 

家の見える部分ではなく、見えない部分までこだわってみるのも良いかもしれませんね。