崖条例とは??

こんにちは。

イエナビスタジオ名東・守山店 近藤です。

 

 

今回は、崖条例についてです。

 

傾斜地に家を建てようと思ったときに、必ず考えなくてはいけないのが「崖条例」です。

 

 

 

 

崖と言っても断崖絶壁なものや、壁のようなものではなく勾配が30度を超える傾斜地を崖と言います。

 

 

一般的に30度というと、スキー場の上級コースや競輪選手が走るコース斜面の最大バンク角度になります。

 

敷地が崖に面しており一定の高さを超える崖の上または下に建物を建築する場合、条例によって制限されるものです。

 

 

 

愛知県ではこのように定められています。

 

 

 

 

愛知県建築基本条例第8条により、建築物の敷地が高さ2メートルを超える崖に接し、又は近接する場合に適応されます。

 

 

 

崖の上に建築する場合には崖の下端から、

 

崖の下に建築する場合には崖の上端から建築物と上端・下端の間に崖の高さの2倍の水平距離をとらないといけません。

 

 

ですが、堅固な地盤又は特殊な構造方法によるもので安全上支障がないものとして知事が定める場合に該当するときは例外になります。

 

 

 

その例外には、崖面が擁壁などにより保護されている場合や一級建築士それ同等の人が認めた場合になります。

 

 

 

この擁壁の工事費は異なるので予算計画をする際にはそんなことも考えなければなりません。

そんな時にはご相談下さい。イエナビスタジオでお待ちしております。