砂防法について

今回は愛知県エリアの砂防法についてご案内させて頂きます。

 

 

 

1 砂防指定地内における制限行為について

 砂防指定地内で次の行為をしようとする方は、原則として愛知県知事の許可を受ける必要があります。

 

 

(1)砂防設備に工作物その他の物件又は施設を設け、継続して砂防設備を使用すること

 

(2)河川等(河川、湖沼その他の水流又は水面をいう。)に流入するおそれのある場所に、土石、砂れきその他これらに類するものをたい積し、又は投棄すること

 

(3)立竹木を伐採し、又は樹根を採取すること

 

(4)竹木を滑下又は地引きにより運搬すること

 

(5)土地の掘削、盛土、切土その他土地の形状を変更する行為をすること

 

(6)土石若しくは砂れきを採取し、又は鉱物を採掘すること

 

(7)芝草を掘り取ること

 

 

 

 

2 制限行為の適用除外について

 上記1の制限行為に該当する行為であっても、次の行為については許可を要しません。

 

 

(1)非常災害のために必要な応急措置として行う行為

 

(2)治水上砂防に支障がないものとして規則で定める行為

 

適用除外行為の例示

 上記(2)の適用除外行為について、主なものを例示します。

 

・木を伐採する場所の面積が1000平方メートル以下のもの

 

・砂防設備から2メートル以上離れている場所で、掘削する土地の深さが地表から2メートル以内であり、かつ、掘削する場所の面積が1000平方メートル以下であるもの

 

・砂防設備から2メートル以上離れている場所で、盛土により生ずる法面の高さが1メートル以下又は切土により生ずる法面の高さが2メートル以下であって、かつ、盛土又は切土をする場所の面積が1000平方メートル以下であるもの(ただし、がけ地における盛土又は切土により生ずるがけの高さが3メートル以下であるもの)

 

・土地区画整理事業等が完了した区域内の行為で、砂防設備から2メートル以上離れている場所で行うもの

 

※詳細は、砂防指定地内における行為の規制等に関する規則をご参照ください。

 

 

 

 

3 砂防指定地の確認について

 砂防指定地の確認は、管轄の県建設事務所維持管理課又は県庁砂防課で行っています。

 

 

 

砂防指定地のない市町村

 次の市区町村内には、砂防指定地はありません。

 

 

 【愛知県エリア】

名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、一宮市、津島市、碧南市、刈谷市、安城市、江南市、稲沢市、知立市、高浜市、岩倉市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、あま市、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村

 

 

 

※引用元

愛知県HP 砂防指定区域内行為許可制度について