吹き付け断熱とは

こんにちは。

 

イエナビスタジオ名東・守山店近藤です。

 

 

 

 

今回は、吹き付け断熱についてです。

 

 

断熱材についてご存知ですか?断熱材には繊維系と発泡プラスチック系があります。

今回はその中でも発泡プラスチック系の吹き付け断熱についてです。

 

 

 

吹付断熱は、断熱材を霧状に吹き付けて発泡体を作り、家の断熱性を高める工法です。

 

 

 

 

グラスウールなど繊維系の断熱材も断熱効果を持っていますが、

大きな違いは、繊維系断熱材の場合壁面に隙間なく断熱材を施すことが難しいのに対し、発泡断熱の場合は隙間なく断熱材を施すことができるという点です。

 

 

断熱は、断熱材の性能だけではなく隙間なく断熱材を施し気密性を確保することも大切で、

吹付断熱はその二つを同時に行うことができます。また、吹付断熱は、一定の透湿抵抗によって内部結露が起こりにくい点も大きなメリットになってしまいます。

 

 

たとえば、繊維系断熱材の場合内部結露が起こればその重みでズレが生じ断熱性能が低下するおそれがありますが、

吹付断熱材は自己接着力を持ち、壁に吹き付けた後もズレたりせず断熱性能を維持することができます。

 

 

 

アールプランナーではこのよう断熱材を使用しています。

 

是非是非オープンハウスで一度体感してみませんか?

 

 

 

イエナビスタジオでお待ちしております。