防火地域・準防火地域とは

防火地域・準防火地域とは、市街地に火災が拡がるのを抑えるために、都市計画法に基づいて指定される地域です。

 

 

一般に、防火地域は都心の中心市街地や幹線道路沿いに指定され、準防火地域は防火地域の周辺の住宅地に指定される場合が多いです。

 

 

 

 

 

防火地域や準防火地域に指定されている地域内に建物を建てる場合には、ある程度の義務づけがあります。

 

 

これらの防火規制は火災の延焼の防止を目的としているので、

防火地域や準防火地域では建物の階段、延べ面積に応じて建物を耐火建築物・準耐火建築物といった燃えにくく延焼しづらい構造にしたり、

屋根、開口部、外壁等を防火構造にしなければなりません。

 

 

 

 

たとえば、防火地域の場合には、

 

階段が3以上または延べ面積100㎡超の場合には、耐火建築物としなければならず、

それ以外の場合でも耐火または準耐火建築物としなければなりません。

 

 

 

 

このため、防火地域内に建築する場合は、耐火建築物・準耐火建築物にするためのコストがかかることになります。

 

 

なお、対象地がどの地域に指定されているかは都市計画図などに記載されているので役所などで確認してみてください。

ですが、耐火建築物・準耐火建築物は火災保険に加入する際には、木造よりも保険料が安くなりますよ。