土地の地目ってなに??その①

こんにちは。

 

イエナビスタジオ名東・守山店近藤です。

 

土地探しをする際に地目というものがあると思います。

いくつもの種類があり自分の希望の土地が

何になっているのか気になりませんか?

 

今回は地目についてです。

 

地目とは、土地の用途による区分です。

土地の登記事項に地目が記されている登記上の地目と

実際の用途は同じとは限らず、異なっている場合もあります。

 

課税上の土地の評価は地目によって異なりますが、

評価上の地目は現況によります。

 

 

不動産登記法上の地目の種類としては、

次のように全部で23種類あります。

 

宅地、田、畑、山林、原野、用悪水路、公衆用道路、公園、

雑種地、境内地、牧場、鉱泉地、池沼、墓地、水道用地、運河用地、

ため池、保安林、堤、井溝、保安林、鉄道用地、学校用地の23種類です。

 

以上の23種類以外の地目を定めることはできませんし、

土地1筆に対して、2つの地目を定めることもできません。

 


土地1筆に対しては、地目は1つです。

 

 

その土地の主な利用目的から、地目の種類を判断します。
そして、それぞれの地目を認定するための判断基準も、

不動産登記法の準則ですべて定められています。

 

土地をお探しの方は是非イエナビスタジオにお越しください。

 

お待ちしております。