arrgallery 分譲住宅の構造計算について

こんにちは。

イエナビスタジオ中川店の 加藤です。

 

今回arrgallery分譲住宅構造計算についてお話させていただきます。

 

近い将来【南海トラフ地震】が起こるかもしれないと危惧されています。

 

内閣府による南海トラフ地震の被害想定では、

今後30年以内に東海沖から九州沖までの太平洋海底に延びるトラフ付近で起きるとされ、

M8以上の地震が起こる確率を60%~70%としています。

最悪の場合32万人以上の犠牲者が出ると予想されています。

 

 

arrgalleryの分譲住宅全棟構造計算(許容応力度計算)を採用しております。

構造計算とは、建物が重さや地震、風などのあらゆる力に

対してどれだけ耐えられるかを科学的に数値として表す為の計算です。

 

 

構造計算 7つのチェックポイント

①鉛直荷重

②風荷重

③地震荷重

④層間変形

➄偏芯率

⑥剛性率

⑦部材の安全性

 

 

arrgalleryの分譲住宅では全棟構造計算を採用しております。

安心、快適な住生活を送っていただけるよ配慮しております。

 

 

アフターメンテナンスは【10年間に5回の無料点検】を実施しております。

 

是非、一度見学いただき、比較してみてください。

 

 

中川区・港区・中村区・熱田区・海部郡の不動産をお探し、

ご相談はイエナビスタジオ 中川店までお問合せ下さいませ。

 

〒454-0845 名古屋市中川区馬手町1-5

TEL 0120-401-500 FAX052-776-6341