家を建てたいあなたへ!!

家を建てる為の計画の立て方をお教えします!!

 

 

 

 

1.資金計画を立て、事前審査で予算を確定

 

 


家を建てる決断をすると、まずは『情報収集』と資料請求や住宅展示場巡りからスタートしがちです。

 

 

 

しかし、やみくもに情報を集めても、予算に合わなければ結局はムダに時間を使ってしまうだけです。

 

最初にすべきなのは、ご自身たちの予算をしっかり把握すること!

 

 

 

無理なく返済できる月々の返済額はいくらなのか?

 

ご自身の年収だと、どのぐらいの借り入れが可能なのか?

 

 

など予算を組み立てておかないと、買うことができる金額がいくらなのかわかりません。

 

 


資金計画については、雑誌やスーモなどのシミュレーションを参考になさるのも良いですが、ハウスメーカーの営業マンなどプロに聞くのが一番早く、正確な金額を割り出すことができるのでオススメです。

 

 

 


ただ注意が必要なのは、資金計画を立てても銀行から本当にその金額が借りれるのかどうか調べてみなくてはいけないということです。


事前にローンが組めるかどうか、銀行へ審査を通す「事前審査」を必ず行いましょう。

 

 

 

 


2.建てたい家をイメージしてみる

 

 

予算が把握できたら、どんな家に住みたいのか、どんなところに暮らしたいのか、家族で話し合ってみましょう。

 

 

まず、こんな暮らしがしたい!という理想の生活シーンをイメージしてみたり、今の住まいの不満点を挙げてみるのも大事なヒントになるはずです。

 

 

 

イメージを具体的にするために、展示場にモデルハウスを見に行ってみたりするのも良いと思います。


さらに間取りや収納、インテリア、外観のテイストなど家づくりで重視するポイントや、ある程度の方向性は考えておくのがポイントです。

 

 

 

 


3.建築会社の情報収集をする

 

 

家づくりをどこのハウスメーカーに依頼するか、ホームページや情報誌で気になる会社を見つけたら資料請求してみるのも1つです。

 

 

 

興味を持った会社があれば、ぜひモデルハウスへ見学に行きましょう!

 

 

空間の使い方や素材の質感、そこの会社で働く人など、資料だけでは分からない発見があります。

 

セミナーや勉強会の受講もオススメです。

 

 


会社選びも大切な家づくりの要素。一生暮らす住まいは、信頼できる会社にお願いしましょう。

 

 

 


4.土地や物件について知る
 

 

 

住まいさがしを始めようとする際、土地や物件についてもご自身で探そうとするのはあまりオススメできません。

 

 

土地や物件には思わぬ落とし穴も多いのが事実です。

 

一戸建てを建築するために土地を購入したが、建築不可能な土地だった...理想を求めすぎて、なかなか土地や物件が見つからない...なんてことも多くあります。

 

 

土地や物件探しは、その後の暮らしまで考えてくれるハウスメーカーに依頼なさるのが一番です。

 

 

 

 


5.気に入った土地/物件でプランニング

 


気になる土地/物件が見つかりましたら、実際に間取りや内装を考えてプランニングと見積もり依頼をしましょう。

 

ご自身達の希望の間取りが成り立つかどうか、見積もりは予算内に納まるのかどうか、判断材料が揃います。

 

 

 

 

 

 

簡単な家づくりの段取りについてお話しましたが、もっと詳しく知りたい方はアールプランナーが行っている「家ゼミ」への参加がオススメです。

 

 

 

 

ご自身で調べるよりも圧倒的に早く、勉強できるはずですよ。