中古のメリット、デメリット

最近、中古物件が人気を集めております。

 

今回は、中古をご検討する際に役立つ中古住宅のメリット、デメリットや注意すべきポイントをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

中古のメリット

 

 

中古物件購入の大きなメリットが、新築住宅と比べ価格が安いことです。

 

価格が安ければ、その分住宅ローンの借り入れを抑えることが出来るので、短い期間でローンを返済することも可能です。

 

よって新築住宅よりも中古住宅の購入者の年齢はやや高くなる傾向にあります。

 

 

 

 

また、新築よりも物件数が豊富なことも中古住宅のメリットです。

 

親との近居や子供の学校、勤務先といった理由で、特定の地域で新築住宅を探す場合物件数に限りがあります。

 

中古なら、エリアを限定して探すことも可能です。
 

 

 

 

 

中古のデメリット

 

中古のデメリットは、建物の経年の老朽化や設備の消耗が少なからずあります。

 

特に築年数が20年~30年を超えるような建物は、キッチン・給湯器などの設備だけでなく、

建物の腐食や雨漏りなども起こっている可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

 


構造や設備の水準も新築住宅と比べると、劣る場合が多く断熱性能なども異なります。

 


水回りなどの設備は、リフォームによって交換は可能ですが、中古マンションの建物構造などは変えられないものなので、


耐震性がしっかりしているかは確認したいところです。

 

 

 

 

 


新築住宅の場合、売主である建築会社の主要な構造や設備に対して保証期間が設けられています。

 


中古住宅の個人間売買の場合、保証がない場合や、あっても期間が短い場合がほぼ全数です。


設備などは老朽化で壊れることは覚悟しておく必要があります。

 

購入を検討したい場合はイエナビスタジオまでお問い合わせください。