マンションの専有部分・共有部分

みなさんは分譲マンションの専有部分と共用部分、どちらがどの部分か分かりますか?

 

 

 

 

もしかしたら、専有部分という言葉すらあまり聞いたことが無いという人もいるかもしれません。

 

 

分譲マンションにおける専有部分とは所有権の目的となる場所のことを指します。

つまり、住戸内のことです。それに対し、共用部分はそれ以外の部分です。

 

 

 

バルコニーは?玄関扉は?これらは専有部分でしょうか、共用部分でしょうか。

 

 

 

区分所有法やマンション標準管理規約をもとに分譲マンションの専用部分と共用部分がどこなのか説明します。

 

 

 

 

 

専有部分は住戸内のこと。

 

 

 

もう少し詳しく説明すると次のようになります。

 

 

  • 天井や壁、床の躯体より内側(躯体は専有部分から除く)

 

  • 玄関扉は内側表面より内側

 

  • 窓枠や窓ガラスは専有部分に含まれない

 

 

このような範囲で囲まれた居住空間が専有部分となります。

 

 

 

 

躯体とは建物の構造体、つまりは骨組みのこと。この部分より内側が専有部分となります。

 

なので、壁や天井のクロス、フローリングなどは専有部分となります。

 

また、玄関扉や窓ガラス本体は専有部分には含まれません。(その住戸の所有者が専用に使える権利はある)

 

 

 

 

 

共用部分とは専用部分を除いた場所のことをいいます。

 

 

エントランスや各住戸をつなぐ廊下、居住者が利用できる集会室などの共用施設、管理人室や倉庫などの管理施設をイメージすると分かりやすいかと思います。

 

共有部分はマンションの区分所有者の共有となります。そのため、共用部分の管理や補修・修繕については区分所有者(管理組合)でする必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

バルコニーは専有部分?共用部分?

 

バルコニーは住戸より外側にあるので共用部分です。ただ、その住戸の住人が専用に使用する権利があります。

 

なので一般的にバルコニーに勝手に倉庫置いたり、花壇を作ったりというのはダメです。(マンションの管理規約や使用細則にもよります)

 

 

 

 

アルコープは専有部分?共用部分?

 

玄関前のアルコープ、玄関ポーチは共用部分です。

 

門扉がついてたりする場合もあり、一見専有部分と勘違いしそうですが共用部分です。

 

住戸の住人が専用に使用できる権利があります。

 

 

 

 

ここでは専有部分と共有部分について説明しました。

 

 

この2つの意味が分かると、何がリフォームできて何ができないかが分かります。

 

専有部分はある程度自由にリフォームでき、共用部はそうはいきません。

 

 

 

 

また、共用部分を自分勝手に使うことが良くないということ、バルコニーや玄関扉なども共用部として扱わなければいけないと分かったはずです。

 

あなたの所有する権利がどこまでなのかを理解しておかないと、知らないうちに共有しているものを我が物顔で使ってしまうことになりかねません。

 

 

 

専有部分と共用部分をしっかりと覚えておきましょう。