知っとくべき!家を買う時の制度!

きっと、マイホームは一生で一番高いお買い物です。

 

 

 

 


マイホームを建てる方を、応援してくれる制度があることをご存知でしょうか?

 


今回は、その3つをご紹介いたします。

 

 

 

1.住宅ローン減税

 


住宅ローン減税とは、住宅ローン残高の1%を10年間所得税から控除。

 


所得税で控除しきれない分は、住民税からも一部控除される、という制度です。
 

 

 

 

2.すまい給付金

 


すまい給付金とは、消費税率引き上げによる住宅購入者の負担を緩和するための制度です。

 


給付額は、収入額によって給付額が決まり、給付額に登記上の持分割合を上乗せした額が給付されます。

 

 


 

3、固定資産税の減税

 


固定資産税とは、その家屋や土地の所有者に対してかかる地方税のことです。

 

 


ちなみに固定資産税はどうやって算出されるかというと、「固定資産税評価額×1.4%」で計算されます。

 


固定資産税評価額とは、土地や家屋の総評価額のことです。

 

 


単純に建物の総評価額が1,000万円だった場合は、1,000万円×1.4%=14.0万円になります。

 


年間に14万円も払うということは、10年で計算すると140万円にもなります。

 

 


そこで新築住宅に限り、減税制度ができました。

 

 


諸条件にもよりますが、3年間固定資産税が半額になります。

 

 

 

 

 

その他にも、

 

2016年の今、マイホームを持つことを一番後押ししてくれるのは、何といっても 低金利 です。

 

 

 

 


例えば、月々の支払いが7万円の場合、下記の借り入れをすることになります。

 

 

●10年前・・・1,909万円の借入


●03年前・・・2,177万円の借入

 

●今現在・・・2,439万円の借入

 

 

 

3年前と比較しても、262万の差があります。

 


262万円あったら、何ができるでしょうか?

 


家の外回りや贅沢なオプションだって付けることができますよ。

 

 

 

いつかはマイホームを!とお考えの方。

 

 


マイホームはとても高いお買い物ですが、

 

マイホームを建てる方を応援する制度があることをご理解頂き、

 

適切なご予算を組んでいただくことをお勧め致します。

 

 

 

家を購入するなら今でしょ!!