壁芯面積と公簿面積

「壁芯」面積と「公簿(登記簿)」面積

 

 

 

 

 

マンションのお部屋には面積が2種類あります。

 

 

 

 

「壁芯面積」は壁の中心から測る方法で、「公簿(登記簿)面積」は壁の内側から測る方法です。

 

 

 

ですので、壁芯面積の方が大きくなります。

 

 

 

 

 

分譲時のパンフレットや、物件チラシは壁芯面積で表示されていることがほとんどです。

 

 

 

 

 

注意しなければいけないのは、税金の軽減措置を利用する場合です。

 

 

 

軽減措置を利用する場合は公簿(登記簿)面積が基準になります。

 

 

 

ということは、

 

 

 

 

壁芯面積が50㎡以上あっても、

 

公簿(登記簿)面積が50㎡面積未満の場合は軽減措置が受けられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必ず契約前に、公簿(登記簿)面積を確認することをお忘れなく。