元利均等返済と元金均等返済

住宅ローンの返済方法には、

元利均等返済元金均等返済というものがあります。

 

今回は、元利均等返済元金均等返済について

ご説明していきたいと思います。

 

 

まず元利均等返済とは毎回の返済額

(元金部分と利息部分の合計)が

一定になるように組む返済方法です。

 

 

返済開始当初は返済額に占める利息の割合が比較的多く、

返済が進むにつれて元金部分の割合が大きくなります。

 

一方、元金均等返済は、毎回元金部分の返済を一定にし、

それに利息を上乗せして返していく方法です。

 

 

返済当初はローン残高が多い為、

それに対応する利息額も多く、

毎回の返済額多くなりますが、

返済が進むにつれて利息が少なくなる為、

返済額も少なくなります。

 

 

 

借入金額、借入金利、返済期間の条件がすべて同じ場合

総返済額は元金均等返済のほうが少なくなります

 

 

 

 

当初の返済額が多くて大変ですが、

自由業など将来の収入に不安がある人は、

元金均等返済にして将来の負担を減らした方が安心でしょう

 

 

反対に、サラリーマン世帯で毎月同じ金額を返済したいなら、

元利均等がいいでしょう。

 

 

 

 

それぞれのメリット、デメリットを比較して、

ご自身に合う返済方法を選んでください。